シャラポアのゆる飲み文学会 はじめます!

HandSawPress企画イベント
「シャラポアのゆる飲み文学会」

本は酒のツマミです!今回は京都から来たヤケクソ弾き語りシンガーにして、文学青年のシャラポア野口君が本を選びましてベロベロ読書会しようとの運びになりました!

第一回は小島信夫『ラブ・レター』です!
読めば飲む前から酔っ払うこと間違いなし!
なお、この読書会シリーズはジンにする予定です!みんなの力を貸してください〜!

2018年3月9日(金)
pm20:00~ 参加費500円
(課題本:小島信夫『ラブ・レター』は各自で用意して読んで来てください。読んでない人でも参加OKです。)
予約:info@handsawpress.com

 

シャラポア野口
@ashiyuu

京都のバンド「風の又サニー」のドラム。東京に出てきてはや二年!ヤケクソみたいな弾き語りをしながら散文を書いたり雑誌つくったり、もう、なんでもしたいです!

ようやく、スタジオ開放のオープン・デイがスタート!

2月4日にオープンイベントをやったものの、スタッフのバタバタもあり、スタジオ開放の「オープン・デイ」がなかなか決められなかったわけですが、ようやく今週日曜日あたりから、ポツポツと「オープン・デイ」をスタートさせられる見込みになってきました。

当方のオープンデー、そして予約の案内に関しましては、こちらのカレンダーを見ていただければ一目瞭然。この「オープン・デイ」の日以外にも、スタッフがシコシコと印刷したり物を作ったりしているのですが、ご予約のないお客様には対応できないこともございますので、まずは一度、スタジオ開放の日にご来店いただければうれしいです。

またスタジオの使用法に関してですが、不特定多数の方が来られますので、ちょっとしたルールを作らせていただきました。こちらを一読していただいた後、オープン・デイのご来店、ご予約等をいただければ幸いです。

ひとつ。

オープン・デイに関しましては、印刷/木工ともに、多くの利益を求めているわけではなく、「印刷ってなんだろう?」とか「ちょっと切ってみたい木があって」といった興味を持ってきていただいた方とのコミュニティスペースとして始めています。「コミュニティスペースって何?」と思われるかもしれませんが、ま、外にある種の制限を設けながら開放されている場所、みたいなもんです。

それゆえ、いわゆる「サービスの行き届いたお店」のようなものを期待されても、ちょっとこちらは困ってしまいます。「お客様感覚」ではなく、「誰かのスタジオをちょいと間借りしまーす」的な気持ちで来ていただければありがたく思います。また、機材の数にも限りはありますので、お客様同士、譲り合いながらご利用いただければありがたく思います。「他の人と作業なんてできないよ!」って方は、ぜひ「予約利用」をしていただければ幸いです。

まだ何がどうなるかはわからないけれど、皆様のご協力を期待しております。何卒&何卒。