リソグラフ・ビギナーズワークショプやります

リソグラフ印刷が初めての方向けに、ビギナーズワークショップを開催します。ぜひお集りください。

2019年4月20日(土)11時〜、15時〜の2回(内容はどちらも同じです。)
参加費:無料(1ドリンクオーダー制)
場所:Hand Saw Press(品川区小山5-8-18)
予約不要

Hand Saw Pressオープン・デー & アマラブ9周年

4月20日(土)12:00~19:00
4月21日(日)11:00~18:00
Hand Saw Press オープン・デーとしてスタジオ開放します。
さらにこの2日間は、Hand Saw Pressメンバーの菅野の店「ジャークチキンハウス・アマラブ」の9周年祭。夕方からライブやDJイベントもあります。Hand Saw Pressとアマラブで武蔵小山の休日をお楽しみください!

 

新潟まつだい農舞台でトーク&ワークショップします

新潟の南魚沼を拠点に活動するグラフィックデザイナーでアートブックの出版も手がけるedition.nordの秋山伸さんと、HandSawPressの小田晶房がトークをします。

同じ日にはワークショップも開催です。新潟まつだいで会いましょう!

●ト ーク「 世界のリソグラフ・ムーブメントと, 小さな印刷スタジオの可能性」

[ 日時]3月23日[土]13:00-14:30,
[ 会場]まつだい「農舞台」・「アート/ブックのとても大きな部屋」展アクティビティー・エリア
[ 料金]参加費:1000円(このほかに展覧会入場料が必要です)
[ 人数] 10名まで
[ ご予約]
下記項目をご明記の上、 エディション・ノルト/info@editionnord.comまでお申し込みください。
参加プログラム名│お名前│メールアドレス│携帯電話番号

●ミニzineをつくってみよう!
[ 日時]3月23日[土]15:00-16:30
●Risograph for Art 相談会
[ 日時]3月23日[土]─24日[日]
随時(イベント開催時間以外)

[ 会場]まつだい「農舞台」・「アート/ブックのとても大きな部屋」展アクティビティー・エリア
[ 料金]参加費:500円(このほかに展覧会入場料が必要です)
[ 人数] 10名まで
[ ご予約]
下記項目をご明記の上、 エディション・ノルト/info@editionnord.comまでお申し込みください。
● 参加プログラム名│お名前│メールアドレス│携帯電話番号

 

ぼやき万歳 植野隆司編

毎月、円盤店主・田口史人と、なぎ食堂店主・hand saw press構成員 小田晶房の同い年デュオでお届けしております、「ぼやき万歳」。毎回、日々を憂い、ただぼやく「ぼやき万歳」。今回は3/7(木)武蔵小山hand saw pressにて、夜の20:00から。今回のゲストボヤキストには、な、なんと急な依頼にもフットワーク軽く現れてくれる(ありがと~)、会える世界的ミュージシャン、テニスコーツ植野隆司が登場! イェイ!

会うといつも無駄なことと噂話(真実50%)以外、かけらも話さないこのおっさん3人のトーク、聞いたことがない話しか、聞けないこと請け合い。ネットには絶対流れない、音楽と人の関わり、そして怒り、否、ぼやきをくらえ!


“RISO.otd” .otd + Hand Saw PressのPOP UPショップ開店!

グラフィック/エディトリアルデザイナーとして「.otd」を主催する大田拓未さんと一緒に、リソグラフ印刷とデザイン・出版の関係に焦点を当てたポップアップショップ「RISO.otd」がはじまりました。

2018年11月01日(木) – 2018年11月30日(金)
◎代官山 蔦屋書店(渋谷区猿楽町17-5)
蔦屋書店2号館1階建築・デザインフロア
“RISO.otd” .otd + Hand Saw Press

◎TETOKA(千代田区神田司町2-16 楽道庵1F)
プリクラ Printed Matter Exhibitionでも一部の作品を販売しています。
2018年11月1日(木)~ 12月2日(日)

会期の1ヶ月は、毎週のように新作商品の入荷も予定していますので、ぜひ何度も足をお運びいただけたら嬉しいです。

シャラポアゆる飲み文学会 vol.7

課題本:「その街の今は」 柴崎友香

本は酒のツマミです!京都から来たヤケクソ弾き語りシンガーにして、文学青年のシャラポア野口君が本を選ぶ、ベロベロ読書会vol.7です。
シャラポア曰く、「今の時代に生きている日本の作家では彼女が一番!」そんな柴崎作品をつまみに語り合いましょう。

2018年11月2日(金)20時〜

参加費500円
(課題本:「その街の今は」柴崎友香 著 は各自で用意して読んで来てください。読んでない人でも参加OKです。)
予約:info@handsawpress.com

9/22 糸魚川の杉でお箸づくりWS

物産展『糸魚川フェア』in 武蔵小山

今週末の9/21(金)〜9/23(日)に武蔵小山パルム商店街で行われる地場産食材の物産展『糸魚川フェア』に合わせて、新潟県糸魚川に住んでいるyoyoさんと9/22(土)にスペシャルな企画を行います。

HandSawPressでは、糸魚川の杉材から自分だけのマイ箸を作るワークショップが体験できます。また、石窯で焼く天然酵母パンのragged ovenさんの焼き菓子やなつかし雑貨の販売など、糸魚川から運んだ、この会場だけのお楽しみもいろいろ・・・!

そしてフェア会場から徒歩1分の、週末ジャークチキン専門店AM-A-LABでは、19時から22時はどなたでも参加いただける、糸魚川の特産品で作った粋なおつまみや日本酒のスタンディング・バーが一夜だけオープン。杯を交わしながら、生産者の皆さんが糸魚川の魅力をお伝えします!もちろん、アマラブの絶品ジャークチキンもお召し上がりいただけますよ。
会場を行ったり来たりして楽しめる特別な一日。五感を開いてご参加ください!

①パルム会館一階
『糸魚川フェア』
9/21(金)〜9/23(日)
11:00〜18:00
(最終日は16時まで)
□糸魚川産品の物産展
(こしひかり新米、魚介加工品、地酒、スイーツ etc.)
□イートイン・コーナー
□豪華景品のガラポン

②HAND SAW PRESS
『オープンデイとお箸づくりWS 』
9/22(土)
14:00〜19:00
□リソグラフ体験
□糸魚川の杉でMYお箸づくり
参加費1,000円(1ドリンク付・
予約不要)※先着20名様に①会場にてかに汁サービス!
□プチ物産展
□おたのしみフリートーク

③AM-A-LAB
『いといがわ × むさしこやま
大交流宴会』
9/22(土)
19:00〜22:00
■参加費1,000円(ウェルカムドリンクとおつまみ盛合付・予約不要)
□糸魚川食材の新しいおつまみ
□地酒、地酒カクテル
□アマラブのジャークチキン

シャラポアゆる飲み文学会 vol.5

課題本:「現場からの治療論」という物語 
神田橋 條治

本は酒のツマミです!京都から来たヤケクソ弾き語りシンガーにして、文学青年のシャラポア野口君が本を選ぶ、ベロベロ読書会vol.5です。

2018年9月14日(金)pm20:00~

参加費500円
(課題本:「現場からの治療論」という物語 神田橋 條治 著は各自で用意して読んで来てください。読んでない人でも参加OKです。)
予約:info@handsawpress.com

※HandSawPressの住所はこちら
品川区小山5-8-18
武蔵小山駅徒歩5分です。お間違えなく!!!!

シャラポア野口
@ashiyuu

京都のバンド「風の又サニー」のドラム。東京に出てきてはや二年!ヤケクソみたいな弾き語りをしながら散文を書いたり雑誌つくったり、もう、なんでもしたいです!

今月のぼやき万歳、ゲストは内田るん!

毎月、高円寺の奇所、円盤店主の田口史人と渋谷/武蔵小山のベジ屋なぎ食堂店主の小田晶房が行っております、日々の鬱屈や得体の知れない圧力、社会の歪み、生と死、ちょっと美味しいご飯の話……などなど完全フリートークで話を進めております「ぼやき万歳」。円盤とhand saw pressの2箇所を月替りで行っております同トークイベントですが、9月はこちらhand saw pressにて、9月5日(水)の夜8時より行います。

ゲストボヤキストは内田るんさんです! きてくださいね〜。

平成! 真夏の古本市

ボン、ボ、盆。そろそろ来るぞ、真夏の盆。 そんな暑いさなかに、当方、hand saw pressでは、山ト波の鷹取愛嬢の仕切りで、古本市を執り行います。スケジュールは各日違いますのでご注意くださいませ。また、居酒屋あいちゃんをはじめ、各日、飲み物/食べ物も少しご用意させていただいておりますし、土日に関しては、hand saw pressのリソグラフオープンデイでもありますので、印刷して古本読んで飯食って酒のんで、と楽しみいっぱいの4日間。 hand saw pressからも、安藤僚子と小田晶房の古本をお蔵出し。何持っていくかはまったく考えておりませーん、が結構掘り出し物があるかも、ないかも? 8月10日(金)16:00~22:00 8月11日(土)13:00~20:00 8月12日(日)13:00~20:00 8月13日(月)13:00~20:00 ▼古本・物販 あゆみ食堂/アグネス/安藤僚子/碇本学/伊藤洋志(ナリワイ)/小田晶房(なぎ食堂) 小田原亜梨沙/小川知子/尾花大輔/Kanae Entani/神ノ川智早/川瀬知代/片岡メリヤス 加瀬透/熊谷充紘(ignitin gallery)/サラダ&内田るん/SUNNY BOY BOOKS/篠沢隆文/間芝勇輔/シャラポア野口/ショートリード・ジェシカ/福田教雄(Sweet Dreams Press) 鷹取愛(山ト波)/チェルシー舞花/前田ひさえ/山口洋佑/山フーズ AND MORE…ぜひ&ぜひ。

今月のぼやき

毎月、高円寺の奇所、円盤店主の田口史人と渋谷/武蔵小山のベジ屋なぎ食堂店主の小田晶房が行っております、日々の鬱屈や得体の知れない圧力、社会の歪み、生と死、ちょっと美味しいご飯の話……などなど完全フリートークで話を進めております「ぼやき万歳」。円盤とhand saw pressの2箇所を月替りで行っております同トークイベントですが、7月はこちらhand saw pressにて、7月19日(木)の夜8時より行います。

あまり内容を言っちゃ面白くないし、言えないことも多々あるし、きてくれた方にもネットに流すのはやめてくださいなー、と伝えているもんであんまし言いたくないのですが、前回のワントピック「あの、ベアーズ本はいったいなんなのか?」は、ほんっとーに面白かったりしたわけで、今月もちょいと話したい話は山程ございます。

場所は、hand saw pressの新しい場所(東京都品川区小山5-8-18)と相成りますのでご注意ください。前回までの場所はもう取り壊しになっちゃってるのかな? なっかなかにいい場所に仕上がってきておりますので、ちょっとあのリソスタジオを見に来るってだけでも遊びに来ていただければ嬉しき限りであります。ちなみに、新スペース移転に際して、もう1台、リソグラフを購入し、現在2台体制でスタートしておりますです!

日頃もやもやしている貴方に貴女、もっともやもやするか、ぼやきに身を委ねなんとなく思わぬことを発見するかは個人次第。別にそこまで大したこと話してるわけじゃあないけれど、何かしらの「考へるヒント」になればこれ幸いです。

ということで、7/19はhand saw press武蔵小山へ! ぜひ! カモン!