Tara Jane O’Neilアートブック「What I Did Instead」製作中

タラ・ジェイン・オニールというケンタッキー生まれの歌い手がいます。

タラは、今から17年近く前、当時私(hand saw press小田)が福田教雄と共に作っていた雑誌「map」のインタビューで知り合って、気づくと来日公演をサポート、というか素人のオーガナイザーである自分たちが、彼女とIdaというバンドのフロントマン、ダニエル・リトルトンらと共に日本にやってきて、西は福岡まで8箇所のツアーを行ったものです。今から考えたら無謀なことしていたなーと思ったりするんですが、それに付き合わされていた彼女たちこそ本当だったらいい迷惑。でもね、気付くとタラはそれから2年に1度くらいのペースとちょこちょこと来日。決して儲かるわけでも、ラグジュアリーなサービスがあるわけでもなんでもないのに日本に来て、時にはアワ・フレンド二階堂和美嬢らとコラボレートしてアルバムを作ったり、いろんなことを楽しみながら、英気を養って(なのか?)帰っていったりしました。17年前はヤンチャで、思うようにいかないと怒ってばかりいた彼女も、いつの間にか、ちょっと落ち着いた感じになってるのも面白いなぁ、と会うたびに思ったりしているのです。タラが来るたびに、自分たちもタラも、少しずつ大人に、いや年老いていっていることに気付く、というか。定点観測でいろんなものが見えてくる。

4年半ほど前、彼女がいつものように来日してツアーを行おうとしていたときのこと。そのとき闘病中だった私の妻も、久々にタラに会えることをとても楽しみにしていたのだけど、とあることで空港で足止め、日本に入ることができなかったことがあります。そして、本当だったらタラのライブが、今回と同じ渋谷の7th FLOORであるはずだったその日の朝、私の妻は静かに息をひきとりました。もちろんどうしようもなかったのだけれど、最後に会える予定を立てていたタラに会えなかったことがとても悔しく、そして、行われなかったそのライブのことは、いろんなこととリンクすることもあり思い出すことも辛かった時期がありました。

でも、リベンジです。そんな7th FLOORで、福田のSweet Dreams 11イベントで急遽来日することになったタラ・ジェイン・オニールのライブを企画しました。今回は、エクスペリメンタルなファーストステージ、そしてしっとりとした歌声を聴かせるセカンドステージと、タラの音楽の魅力をぎっしりみっちりと凝縮した、そんなライブになるかと思っています。また、時折彼女の盟友でもあるドラマー、ジェフ・ソールも共演。これまでとも違った2018年のタラ・ジェインを楽しんでもらえると思います。

その幕間を演出してくれるのが、teasiの松井一平と李ペリー、沖真秀によるDJチーム、シャロン。心の奥をわしわしと踊らせる、そんな音楽を聴かせてくれるはずです。本当に、この日しか見れないライブになると思います。

============

 

A Night with Tara Jane O’Neil with Chalon
9月18日(火)渋谷 7th FLOOR(03-3462-4466)
出演:タラ・ジェイン・オニール(スペシャル・ゲスト:ジェフ・ソール
DJ:シャロン松井一平李ペリー沖真秀
開場 7:00pm/開演 7:30pm
前売り 3,000円/当日 3,500円 *ドリンク別
チケット:会場、map(aki@mapup.net
主催:map、松井一平

============

また、このライブにあたって、現在hand saw pressでは1册のアートzineを制作しています。タラのここ数年の作品をリソグラフによって鮮やかに刷りあげた全20ページの小冊子。水彩画のような鮮やかで優しい色味にきっと驚いてもらえると思います。hsp小田が、今できる技術の限りを尽くしております(笑)!


また、Sweet Dreams11でのみ販売される、Sweet Dreams関連の海外アーティストたち(Dragging an ox thru water/Tara Jane O’Neil/Sharon Van Etten/Will and Elsa Oldham/Fountainsun/Sad Horse/Ida/Little Wings/Le Ton Mite+children of Changshu……すげー!)によって編み込まれた限定100 枚のコンピレーションCD「SWEET」も、この日のために数枚取っておきますので、ぜひぜひご来場いただければうれしいです。

ということで、町田 簗田寺での「Sweet Dreamsの11」はもちろんだけれど、こちらのライブにもぜひぜひ来ていただければー、と思う次第であります。いや、「またこんど見たらいいやー」とか「1回見たらいいやー」って言ってるときっと後で悔しい思いしますよー、ホント。